ごあいさつ

吉住健一からのごあいさつネット上で賑やかになっていますので、簡単に情報の整理をいたします!



「新宿区がヘイト対策、表現の自由懸念も」という見出しの6月26日付朝日新聞夕刊の記事を読んでいただけると雰囲気が伝わると思いますが、ヘイトデモをきっかけとしてデモの行われている環境を分析したところ、デモの出発地として利用されている公園が住宅地や商店街、学校、福祉施設に近接していることがわかり、「公園の使用許可の基準の見直し」を行いました。


正しい情報1 区役所にデモを規制する権限はありません
デモの届出や道路使用許可を申請する相手は警察です。区が出せる許可は公園の占用許可です。今回の見直しは、デモの出発地としての目的外使用をする許可を出す公園の基準の見直しです。区内最大規模の公園で、世界最大の乗降客を持つ新宿駅の近くに所在する区立新宿中央公園は新基準でも利用可能です。

正しい情報2 区立公園の使用許可基準の見直しをします

住宅地や商店街、学校、福祉施設、宿泊施設に近接した公園はデモの出発地としての目的外使用の対象から外します。現在、多い公園では年間50回のデモの出発地となっています。ご自分の家の前に、年に50日間デモ隊が集まることを想像してみてください。平穏な生活空間とは言えないと思います。

正しい情報3 区立公園を目的外使用しなくてもデモは実行できます
区立公園を使えないとデモを規制したことになるという説が流布していますが、今回見直しによって対象ではなくなる区立公園以外の場所から出発すればデモは実行できます。わざわざ、住宅地域や障害者施設に近接した公園からデモの出発をしなくてはならないという理由はありません。

※あるニュース記事では、「公園におけるデモの申請を認めなかった」と記述していますが、受理していますので事実と異なります。また、「再び訪れ、デモの申請を認めなかった理由を問い質した」と記載されていますが、規制の見直しを要請されただけで、「(既に受け付けている)デモの申請を認めなかったという抗議」自体がなかったと報告されています。
その証拠に、受理した申請書の写しもデモの申請をされた団体の依頼で手渡ししています。



※今までここに掲載されていた吉住健一の近況のバックナンバーはこちらでご覧頂けます。
吉住健一旧公式サイト内「最近の話題」


より多くの吉住健一情報!

生まれ育った新宿のために2期に渡り働かせて頂いた新宿区議会議員時代の活動…
続いての2期に渡る東京都議会議員としての活動…
人となりが良くわかる詳細なプロフィール…
吉住健一について、もう少し知りたいと思って頂いた方は、是非こちらも御覧ください。
吉住健一 旧サイト

応援して下さっている方々

  • 新宿区長:中山弘子
  • 前衆議院議員:与謝野馨
  • 衆議院議員:山田みき
  • 参議院議員:武見敬三
  • 参議院議員:中川雅治
  • 参議院議員:丸川珠代
  • 新宿区商店会連合会会長:大室新吉
  • 元新宿区議会議長:新井康文
  • 自由民主党新宿区議会議員団
    宮坂俊文
    深沢としさだ
    下村はるお
    おぐら利彦
    佐原たけし
    ひやま真一
    吉住はるお
    桑原羊平
    池田だいすけ
ページトップに戻る